木版画工房アルプ

光と風の山岳風景

『出版物』カテゴリーの投稿一覧

日本人にとって木版画とは

山岳雑誌「岳人」3月号に私が書いた「日本人にとって木版画」とはというタイトルで記事が掲載されました。

版画の技術・歴史についても触れていますので、ぜひ、ご覧ください。

「登山時報」の表紙を飾ります

「登山時報」の2017年1月号より、表紙に作品を提供させて頂くことになりました。

2017年1月号には、北アルプス唐松岳の八方尾根の風景を描いた「浅春の不帰ノ瞼」という作品を使って頂きました。
同号には,私のインタビュー記事も掲載されております。
よろしければ、ご一読ください。

1枚のヒマラヤの絵

日本山岳画協会の創立80周年を記念する画文集に掲載した随筆を多くの人にも見て頂きたく掲載します。


一枚のヒマラヤの絵

その時、私はゴム長靴と薄汚れたTシャツ姿だった。八百屋の配達小僧だった私。

まだ銀座の路地裏には昔ながらの商店もあって表通りには都電も走っていた。

自転車に山ほどの野菜を積んで早朝から料理屋への配達が仕事だった。

45年前のこと。絵が好きだった私は配達帰りに画廊を覗いていくのが楽しみだった。

それは数寄屋橋の交差点そばの古いレンガビルの日動画廊1階にあった。

大きな重い玄関ドアを入ると。裸婦像、風景画、抽象画、小さな絵から大きな絵まで所狭しと油絵が展示してあった。

突然だった。

私の目に紺碧の空、白銀の高峰が飛び込んできた。視線が釘づけになってしまった。

身動きができない。呼吸が苦しいほどだ。ただ呆然と立ちすくんでいた。その場を離れられなかった。

そこには「朝のコングデヒマール、足立真一郎」と小さな名札が添えられていた。

これが足立真一郎先生との出会いだった。

忘れもしない、昭和45年、24歳の夏。大学受験に失敗し、八百屋の小僧として下働きの日々に、ふと立ち寄った画廊で見てしまった1枚の絵が私の人生を大きく変えてしまった。

当時、私は町の小さな山岳会に入っていた。日曜だけが休みの職場で、夜行日帰りの山行を繰り返していたころだった。谷川岳が死の山だとニュースになる中、毎週のように一ノ倉沢に通っていた。

その時(足立真一郎)の絵が私を鷲掴みにし、揺さぶって離さなくなった。

海外の山へ。

もう抑えきれなかった。行きたい。何としても行きたい。

その絵の中の銀嶺の高峰に出会いたい。ヒマラヤへ。

そんな時、所属する山岳会で遭難事故を起してしまった。私がリーダーだった。それからどれほど多くの人に頭をさげ続けたことだろうか。事後処理に追われる日々に夢を忘れてしまっていた。山からも遠ざかっていった。

しかし、身辺整理もひと段落したころ、(ヒマラヤ)が頭をもたげて来た。

行きたい。

行こう。

もう迷わなかった。

それからが大きな壁だった。

世間から、親から、ヒマラヤへ死にに行くのかと猛烈に反対された。

集まった仲間も1人去り2人去りと減っていった。それでも私はひたすら遠征隊の準備に打ち込んだ。今振り返ってみてもあれほど純粋にひたむきだった時期はなかったと思う。

目標とした山は地図の空白部で、組織も情報もなく、すべてゼロから組み立てねばならなかった。

職場を辞めた。貯金をすべてはたいた。親の反対には耳も貸さなかった。

26歳の夏、インドへ旅立った。しかし登頂はできなかった。

日本を出発する時全てを捨て行った。

そして帰国する時、全てを失ってきたと思った。

でも気が付いた。それらを上回る大きな体験をしてきたことに。

登る体力に衰えが見え始めた頃、山でスケッチすることを覚えた。

偶然、木版画の摺り師さんに出会い本格的に技法を学ぶ機会を得た。

やがて 家庭を持ち、小さな飲食店を興し、そして家族が増え、友人が増え、多くの出会いがあって自分がいる。

今はそれらの人達に感謝、感謝で生きている。

木版画に没頭できる時間に、家族に、友人達に感謝して生きている。

版画を始めて40年、あと何年、版木を彫ることができるだろうか。

今、彫っている版木は10年前に買って寝かせておいたもの。そして10年後に彫るために新しい版木を買ってくる。

常に新しいモチーフが去来する。

思い返すと、足立真一郎先生の絵に出会っていなければ今と違う生き方をしていたと思う。

ふと思う。

あの時、私を捉えて離さなかった、足立先生の絵は今どこにあるのだろうかと。

あの絵にもう一度会いたい。

日本山岳画協会 創立80周年記念画文集 が出来ました

私が所属する日本山岳画協会の創立80周年を記念する画文集が出来ました。

日本山岳画協会 創立80周年記念画文集

エベレスト街道を行く
水温む尾瀬
マッターホルン秋日

の3作品に合わせて、私の山登り、そして、山岳版画の原点となる思いについて綴っております。

この画文集にご興味がありましたら、お問い合わせください。