木版画工房アルプ

光と風の山岳風景

木版画作品の制作過程 その1

木版画の作品の制作過程を、南アルプスの観音岳からの薄暮の富士を臨んだ風景を描いた「沈みゆく富士・観音岳より」を題材に説明していきます。この作品は、8枚の版木使った39色摺りになります。

沈みゆく富士・観音岳より

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。