木版画工房アルプ

光と風の山岳風景

木版画作品の制作過程 その6 色版

第2版と同様に、第3版を彫ります。

第3版(複写)

色版には、シナベニアのいたを使いました。
シナベニアの板は柔らかいので、朴の板より作業がはかどります。
ただし、あまり細かい彫には向いていません。

第3版(彫)

第4版以降も同様にして、色版を彫っていきます。
全ての色版を彫りおえると、彫りは完了です。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。